一般社団法人ホワイトハンズ




●No.0022:匿名希望・筋ジストロフィー「親切で、気さくで、丁寧な方でした」

●No.0021:50代・パーキンソン病「とても楽しいひとときを過ごさせて戴きました」

●No.0020:40代・ウェルドニッヒ・ホフマン病「自然な流れで介護をしていただいたので」

●No.0019:匿名希望・ALS「ものの5〜6分で終了しました(^_^;)

●No.0018:54歳・脳性まひ「人間らしく生きるために、この活動が広がっていくように協力したい」

●No.0017:42歳・脳性まひ「これからも、脳性小児麻痺の人たちのために、頑張ってください」

●No.0016:43歳・脳性まひ「僕のコミュニケーションに合わせてくれて、大変嬉しく思います」

●No.0015:49歳・脳性まひ「注文をつけさせてもらうならば」

●No.0014:33歳・脳性まひ「緊張していましたが、スムーズにサービスを受けることができました」

●No.0013:37歳・脳性まひ「本日は本当にほんとーにありがとうございました」

●No.0012:41歳・脳性まひ「利用者兼面接官として色々チェックさせていただきました」

●No.0011:匿名希望・筋ジストロフィー「ケアをお互いに作りだすという感じ」

●No.0010:55歳・脳性まひ「射精は初めてで イクとゆうのは こんなのかと 初めて解りました」

●No.0009:51歳・脳性まひ「この活動、もっと広めて欲しい、広まって欲しいと思います」

●No.0008:67歳・脊髄小脳変性症「とても丁寧に根気よくやっていただきました」

●No.0007:52歳・脳性まひ「悩んでいる多くの障害者に知ってもらいたいです」

●No.0006:55歳・脳性まひ「あんなにやさしくしていただいて感謝します」

●No.0005:53歳・脳性まひ「今日は良い日になりそう」

●No.0004:31歳・脊髄性筋萎縮症「性に対して少し明るいイメージが生まれた気がして、感謝しています」


●No.0003:51歳・脳性まひ「感想は、『出来た! 良かった!』という感じです」

●No.0002:33歳・脊髄小脳変性症「最初は物足りない気もしましたが、あれはあれでいいですよ」

●No.0001:52歳・脳性まひ「同じ脳性まひの友人と一緒に利用した」




 射精介助ガイドラインのご案内

 ホワイトハンズでは、射精介助の技法と理論、
 利用者の声と実施データをまとめた「射精介助ガイドライン」を発行しております。


 


 
射精介助TOPに戻る

 Copyright 2008-2017 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ  All right reserved.