関西学院大学TEDxKGでの講演・・・新しい「性の公共」をつくる(約18分)


新しい「性の公共」とは、性に関する問題を、
「社会のみんなの力」で解決しよう、という考えです。

これまで性に関する問題は「個人の問題」として考えられてきました。

問題解決のためには「自己責任で頑張る」「性産業に丸投げする」しか無く、
それゆえに、多くの問題が未解決のまま放置・黙殺されてきました。


私たちは、性の問題を、「社会の問題」
「社会のみんなの力で解決すべき問題」と考えます。

性の問題を「社会のみんなの力で解決」するための試みとして、
性にまつわる社会問題をテーマにした書籍の出版、及び
新しい「性の公共」をつくるゼミを運営しています。


また、年齢や経験を問わず、誰もが気軽に参加できる
バリアフリーのヌードデッサン会「ららあーと」の開催も
定期的に行っています。

 性の問題を「社会」の視点で考え、社会的な手段で解決すること。

これが私たちの考える、新しい「性の公共」です。

   

   
<これまでに出版した書籍一覧>

『セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱』(2012年・小学館101新書)

『男子の貞操 僕らの性は、僕らが語る』(2014年・ちくま新書)


『はじめての不倫学』(2015年・光文社新書)

『性風俗のいびつな現場』(2016年・ちくま新書)

『セックスと障害者』(2016年・イースト新書)

『見えない買春の現場 「JKビジネス」のリアル』(2017年・ベスト新書)

『セックスと超高齢社会』(2017年・NHK出版新書)

『誰も教えてくれない大人の性の作法』(2017年・光文社新書)

『障がいのある人の性 支援ガイドブック』(2017年・中央法規)



 HOME | お問い合わせ | 講演・講義依頼 | 会員募集 | 求人情報 | メールマガジン | Facebook | Twitter | サイトマップ | English

 Copyright 2008-2017 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ  All right reserved.