一般社団法人ホワイトハンズ





 須藤昭夫(すどう・あきお)


 
1956年生まれ。脳性まひの障害当事者。

 新潟県上越市在住。



1.ホワイトハンズとの出会いと、「障害者の性」

2008年4月に、インターネットのホームページでホワイトハンズを発見したのがきっかけですね。

はじめは「へぇ〜、新潟でもこんなサービスができたんだ」程度の認識でしたが、
実際に一人の利用者としてケアを受けてみて、「これは、ひょっとして自分が以前から考えていた、
理想のサービスなのではないだろうか」と思うようになり、運営や広報活動に協力することにしました。

私も自前で「障害者の性」に関する掲示板を運営していたので、
この問題には、長年関心があったんですね。

正直に言うと、私も以前は性風俗、デリバリーヘルスを利用していたことがありました。
若いときはやんちゃだったので、東京でも色々と夜遊びをしたりしましけどね(笑)。

ただ、こういった性風俗の場合、利用した後に「罪悪感」や「虚しさ」が残るんですよ。

どうしても、女性差別の片棒をになっているのでは、自分の欲望を満たすために、
女性を傷つけてしまっているのでは、という思いが頭から離れませんでした。

女性従業員も、当然のように全員が偽名で、後ろめたい感じで働いていますしね。

それに性風俗だと、女性とのコミュニケーションがほとんど満足に取れないんです。

自宅にやってきて、すぐにシャワーを一緒に浴びて、服を脱いでサービス開始、といった
流れじゃないですか。時間的な制限もありますし、そもそもお互いが後ろめたい
動機で働いたり、利用したりしているので、会話があまり弾まないんです。

そのため、「性風俗」ではなく、あくまで「介護」として、障害者の性的な欲求の解消に
対応してくれるサービスがあれば、ということは、ずっと考えていました。



2.性に対する二種類の見方

障害者だけでなく、「性」に対しては二種類の見方が有ります。

@社会の闇(=ブラックゾーン、グレーゾーン)としての「性」

 ⇒「暗い」「汚い」という視点で語られる、いわれる「性風俗」や「性行為」

A健全な生理現象、子孫繁栄、愛情表現(=ホワイトゾーン)としての「性」

 ⇒愛する男女が出会い、お互いの信頼を深めたり、子孫繁栄を実現する行為


「性欲」を@とみるかAとみるか、どちらの見方をするかで、「性」に対する捉え方は、ガラリとかわります。


今の介護福祉業界、日本社会における問題は、@の視点からでしか
「性」を捉えることができていない、ということです。

そのため、「障害者の性」を解決すべき問題として理解できる人は、まだまだ少数派です。

しかし、現実として、自分では性的な欲求を処理できないで、悩みや苦悩をいだいている
障害者が存在しているのも事実。

よって、「性」を闇の世界(ブラックゾーン、グレイゾーン)から
陽のあたる世界(ホワイトゾーン)にもちだして、皆で話せるようにならないといけない、と思います。



 HOME | お問い合わせ | 講演・講義依頼 | 会員募集 | 求人情報 | 代表ブログ | メールマガジン | Facebook | Twitter | サイトマップ | English

 Copyright 2008-2017 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ  All right reserved.