一般社団法人ホワイトハンズ   


 【終了】生と性のバリアフリーフォーラム 2014



 

 2014年8月9日(土) 10時00分〜17時00分

 ●会場・・・国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 513号室 ●定員・・・80名


 ⇒本フォーラムの内容は、「生と性のバリアフリー手帳 Vol.001」に収録しております。ぜひご覧ください。


 フォーラムの開催趣旨


 
障害と性(セクシュアリティ)」の問題を、みんなで当たり前に語り、

 当たり前に発信・共有することのできる、公共広場(フォーラム)をつくる




 障害とセクシュアリティ(性・恋愛・セックス・結婚等)の問題は、かつて「タブー」「福祉の闇」として考えられてきた。

 70年代以降の自立生活運動、障害者の権利擁護や就労支援の進展、差別禁止の時代の流れの中で、
 当事者や支援者の立場、教育や介助の現場から、NPOの活動、書籍や論文などを通して、徐々に語られるようになってきた。

 しかし、そうした語りの声は、まだ十分とは言えない。メディアで取り上げられることはあっても、
 センセーショナルな「ネタ」としての現状描写や問題提起のみにとどまり、具体的な処方箋を提示する段階には至っていない。

 障害学をはじめとする学問領域や、性的支援を行うNPO、特別支援教育の現場での一定の蓄積はあるが、
 そうした蓄積は、なかなか一般の人の目に触れるまでには至っていない。

 言うまでもなく、人間にとって性は当たり前の基本的欲求である。障害の有無にかかわらず、
 私達が、毎日の生活や、これからのライフコースを考えていく上での大きな原動力、モチベーションの源泉になる。

 今必要なのは、障害と性というテーマについて、「ネタ」でも「タブー」でもなく、
 公の場で、継続的に、多くの人が「当たり前」に語り、「当たり前」に情報を発信し、共有できる場を創造することではないだろうか。

 「生と性のバリアフリーフォーラム」では、障害とセクシュアリティにまつわる様々なテーマを取り上げ、
 第一線で活躍されている研究者・専門家・アーティストの方々をゲストにお招きして、トークセッションを行う。

 このフォーラムの場を起点にして、障害のある人の生と性の語り方・語られ方に、
 ささやかな、しかし、確実な変化の渦を巻き起こしていきたい。



 お招きしたゲスト・資料提供者の紹介

1.【精神障害者の生と性】

 〜マイノリティの自己表現のしづらさと、セクシュアリティから考える<生存の技法(アート)>〜

 ゲスト:荒井裕樹(あらい・ゆうき)
さん

1980年東京都生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科修了。博士(文学)。

日本学術振興会特別研究員、明治学院大学社会学部付属研究所研究員、
東京大学大学院人文社会系研究科付属次世代人文学開発センター特任研究員を経て、
現在は二松学舎大学文学部特任講師。

専門は障害者文化論・日本近現代文学。障害を持つ人たちの文学活動や社会運動の研究、
および医療施設における自己表現活動の支援に取り組んでいる。

著書:『生きていく絵――アートが人を〈癒す〉とき』(亜紀書房)
『障害と文学 「しののめ」から「青い芝の会」へ』(現代書館)
『隔離の文学 ハンセン病療養所の自己表現史』(書肆アルス)

      


2.【知的障害者の生と性】 〜ライフコースの視点から考える、知的障害者の自立とセクシュアリティ〜


 
資料提供:新藤こずえ(しんどう・こずえ)さん *新藤さんのインタビュー資料配布+代理者による発表になります

1978年北海道厚岸町生まれ。

北海道医療大学看護福祉学部卒業、
北海道大学大学院教育学研究科博士後期課程修了(博士(教育学))。

高知女子大学、高知県立大学を経て、
立正大学社会福祉学部専任講師。社会福祉士。

著書:『知的障害者と自立
 ―青年期・成人期におけるライフコースのために』(生活書院)
 


3.【発達障害者の生と性】 〜当事者・家族・支援者の立場から考える『障害と恋愛・結婚』〜

 
ゲスト:村上由美(むらかみ・ゆみ)さん

1972年東京都生まれ。上智大学文学部心理学科卒業。

言語聴覚士。日本言語聴覚士協会会員。
日本支援対話学会学会員。
認定コーチング・スペシャリスト(R)。
国立身体障害者リハビリテーションセンター学院
聴能言語専門職員養成課程卒業。

重症心身障害児施設で広汎性発達障害児・肢体不自由児の
言語聴覚療法や発達相談業務に携わった後、
現在は、声に関するセミナーや自治体の発育・発達相談、
発達障害関係の原稿執筆、テレビ出演や講演などを行っている。

著書:『アスペルガーの館』(講談社)
   


4.【身体障害者の生と性】 〜恋愛・性・アート〜

 
ゲスト:片山真理(かたやま・まり)さん

1987年埼玉県生まれ・群馬県育ち。東京藝術大学大学院修了。

両足とも脛骨欠損を持って生まれ、9歳の時に切断する。
自らの身体の特徴と、自分自身を取り巻く世界とのかかわりを、オブジェや写真で表現している。

活動歴:「アートアワードトーキョー丸の内2012」グランプリ受賞、
「あいちトリエンナーレ2013」ほか多数。

公式サイト:
http://shell-kashime.com/


5.【基調講演】 射精介助の現場発・生と性のバリアフリー

 
主宰:一般社団法人ホワイトハンズ 坂爪真吾(さかつめ・しんご)

1981年新潟市生まれ。東京大学文学部卒業。
一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。

年齢や性別、障害や病気の有無に関わらず、
全ての人が、生涯にわたって、
「性に関する尊厳と自立」を守ることのできる
社会の実現を目指して、日夜奮闘中。

著書:『セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱』(小学館)
『男子の貞操 ―― 僕らの性は、僕らが語る』(ちくま新書)
   


 当日の開催風景

 開場 09:30

 開始 10:00

 基調講演(一般社団法人ホワイトハンズ 代表理事 坂爪真吾) 10:05〜10:20(15分)

  


<第1部> 【精神障害者の生と性】 10時20分〜11時50分(90分)

●ゲスト:荒井裕樹さん

 講演(40分)〜ディスカッション(20分)〜質疑応答(20分)

  


<第2部> 【知的障害者の生と性】 13時00分〜14時00分(60分)

●資料提供:新藤こずえさん(新藤さんのインタビュー資料配布+代理者による発表)

  

 代理発表(30分)〜質疑応答(20分)


<第3部> 【発達障害者の生と性】 14時00分〜15時30分(90分)

●ゲスト:村上由美さん

 講演(40分)〜ディスカッション(20分)〜質疑応答(20分)

  

  


<第4部> 【身体障害者の生と性】 15時30分〜17時00分(90分)

●ゲスト:片山真理さん

 講演(40分)〜ディスカッション(20分)〜質疑応答(20分)

  

  


 ⇒本フォーラムの内容は、「生と性のバリアフリー手帳 Vol.001」に収録しております。ぜひご覧ください。


 参加者の感想(一部)






























生と性のバリアフリーフォーラム、4人のゲストの方々の発表を通して、
セクシュアリティというものは、タブーでも非日常でもなく、生活や他者といった日常の地続きにあるものであり、
自分たちの力、社会のみんなの力でつくっていくものである、ということを再確認できる場になったと思います。


今回のフォーラムが、障害とセクシュアリティの問題を当たり前に語ることができる
社会の実現に少しでも貢献できれば、主催者として非常にうれしいです。


丸一日という長丁場のフォーラムでしたが、お越しくださった参加者の皆様、ゲストの方々、本当にありがとうございました!

「生と性のバリアフリーフォーラム」、来年以降も、障害とセクシュアリティを語り尽す、
年に一度のお祭りとして、継続して開催していきたいと思います。また来年、渋谷でお会いしましょう!



 ⇒本フォーラムの内容は、「生と性のバリアフリー手帳 Vol.001」に収録しております。ぜひご覧ください。


 ⇒TOPに戻る

 Copyright 2008-2014 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ  All right reserved.