*本物語は、実際の利用者の声、ケア現場での出来事・体験談を元に作成しておりますが、
 プライバシー保護の観点より、利用者及びケアスタッフの氏名・年齢・障害名は、匿名化しております。


目次:


1.自己紹介:「障害者って、別に『天使』とかじゃないですよ」

2.ホワイトハンズとの出会い:「はじめは、障害者を狙った、新手の詐欺だと思っていました(苦笑)」

3.ドキドキの初回訪問:「言語障害でうまく話せなくても、大丈夫です」

4.いよいよサービス初体験!:「・・・わずか1分で終わりました(笑)」

5.サービス後の感想:「十数年ぶりに、朝勃ちがよみがえりました!」



1.自己紹介:「障害者って、別に『天使』とかじゃないですよ」

はじめまして。私の名前は、斉藤憲弘と申します。
年齢は48歳。生まれつきの脳性まひ(アテトーゼ型)です。

こうやって文章を書いている分には、普通の健常者と全く変わらないように見えますが、
実際は重度の言語障害と不随意運動があるので、初対面の方とは、
ほとんど対面でのコミュニケーションができません。

おそらく、その辺の子どもが道で私と出会ったら、
あまりの動きの激しさに、ビビッて泣き出すと思います(笑)。

それでも生まれつきなので、特に自分が人と比べて不幸だとか、障害者だからどうこう、とは、
ほとんど思ったことはないですね。しゃべれないのも動けないもの、「当たり前」です。


一人暮らしを始める3年前までは、実家で両親と同居していました。

両親が高齢になったことも手伝って、3年前から、
この築30年の公営アパートの1階で、一人暮らしを始めました。

はじめのうちは、もう毎日がトラブル続きで必死だったのですが、友人・知人、地域の方々、
地元のNPOや介護事業所のヘルパーさんたちの支えもあって、
なんとか1年ほどで、一人の生活にも慣れました。


生活が落ち着いてきたところで、重度身体障害者であれば誰もが考えるであろう、
「性の介護」のことについて、思いをめぐらすようになりました。

私自身、昔は今よりもずっと麻痺や拘縮が軽く、スムーズに両手が動いていたので、
なんとか自分の力で自慰行為ができたのですが、20代の半ばごろから
二次障害が強くなってきたために、自力で行うことが非常に困難になってきました。

はじめのうちは携帯尿器の縁やベッドの手すりなどを活用?して
なんとか処理していたのですが、さすがに年齢と二次障害による麻痺や拘縮の進行と共に、
そうしたことも苦しくなってきました。

まさか家族やヘルパーさんに「私のズボンを下ろして自慰介助をしてください」と
依頼するわけにも行かなかったので、このことは長年悩みの種でしたね〜。

現在の介護・福祉制度では、「障害者の性」は完全に黙殺、
最初から存在しないもの、とされていましたから。

そもそも、世の中に「障害者=天使」、「障害者=ピュア」とかいう、
当事者の私達からすれば、笑っちゃうような思い込みがあるんですよね。

「障害者に、性欲は無い」と真顔で語る人も、大勢いましたし。
いや、貴方に私の性欲の有無を勝手に代弁されても、困るんですが(笑)。

施設に入っている友人の場合はもっと悲惨で、十数年、場合によっては
三十年以上自慰行為をしていない、という脳性まひの男性が、それこそゴロゴロしていました。

一概には言えませんが、施設というところは、20代の女性職員が、
自分より年上の50代男性入居者を、「ちゃん」付けで呼んでいるような世界ですからね。

職員の立場としても、「ウチの純真無垢な●●ちゃん」に、ギラギラした
生々しい性的欲求があるとは、あまり考えたくないのでしょう。

また「手の不自由な男性同士、お互いの口を使って自慰行為をサポートし合った」という話も、
嘘か本当かは分りませんが、聞いたことがありますし。
まぁ、少なくとも本当の「天使」はそんなことしないよな、と(笑)。

そういう背景もあって、若い頃からずっと、
「将来一人暮らしをするようになったら、絶対に風俗を利用しまくってやる!」と野望に燃えていました。

実際、脳性まひの中年男性の中には、それが強烈なモチベーションとなって、
自立生活を始める方もいらっしゃるようですし。

目次に戻る



2.ホワイトハンズとの出会い:「はじめは、障害者を狙った、新手の詐欺だと思っていました(苦笑)」

さて、いざ一人暮らしを開始して、生活も落ち着いたところで、「さぁ!」と思って
ネットで風俗店を探してみても、どのお店も、「こ、これはちょっと・・・」と思うお店ばかり。

時間帯によってなぜか利用料金がコロコロ変わったり、経営者の名前や事務所の場所が
全く明記されていなかったり、電話番号やメルアドが全部携帯だったり、従業員が全員偽名だったり。
要するに、信頼感ゼロ、非常に胡散臭いんですよね。

「障害者ということで、割高な料金を吹っかけられた」といった被害談は、
風俗利用経験のある首都圏の脳性まひの友人・知人から頻繁に聞いていたので、
私も店舗の選択にはかなり慎重になっていました。

なにせ、こちらは動けないし、喋れません。
いったん相手を家に上げてしまえば、物を盗まれようが、財布からお金を巻き上げられようが、
一切抵抗できませんから。

そもそも、経営者の名前や事務所の住所が分かっておらず、連絡先が全て携帯の場合、
仮にこちらが警察に通報したにしても、簡単に逃げられてしまうじゃないですか。

そういう意味で、経営者の名前や事務所の住所が明記されていない店舗、
連絡先が携帯電話&携帯アドレスのみの店舗は、最初から選択対象外でした。

でもそうなると、ほとんど全ての風俗店が、選択対象外になってしまうんですよね。
どうして、性に関連するサービスって、こういった胡散臭い風俗店しかないんだろう・・・。
もっと普通に、誰もが当たり前に利用できる、性の介護サービスって無いのかな、とぼやいてましたね。


そんな時、偶然ネットサーフィンで発見したのが、このホワイトハンズです。
一番最初にホームページを見たときは、「えっ、こんなのが今の日本にあったんだ!」と驚きました。

ちょっと前に、『セックスボランティア』とかいう本が流行しましたよね。
私も、知り合いの理学療法士さんから借していただいて、読んだことがあります。

あの本のなかに、オランダでは障害者に対する性的な面での有償ボランティアサービスがあると
書かれていましたが、まさか日本でもあるとは思いませんでした。

それでも正直、はじめは「脳性まひの障害者を集中的に狙った、新手の詐欺なんじゃないかな」と
疑心暗鬼でした(笑)。あまりにも、脳性まひ者のニーズに特化しすぎていたので。

実際、世間知らずの障害者が、ネット上で詐欺師のカモにされるケースは、
それこそはいて捨てるほどありますからね。私も、カモ予備軍として狙われているのかな、と。
まぁ、カモられるほどの大金は持っていないのですが・・・。

信用できるかどうかを確かめるために、簡単な問い合わせメールを送ってみました。
すると、10分後くらいに、いきなり「お問い合わせありがとうございます」という
事務局からの返信がかえってきて、「は、早ッ!!」と、ビックリしました。

地元の社会福祉協議会なんて、メールを送っても、返信まで1ヶ月近くかかるので(笑)。

利用方法やケアの内容について何度かやり取りした後、
(偉そうな発言ですが)まぁまぁ信用できそうな組織だと判断できたので、
実際にケアを利用してみることにしました。

<事務局からのコメント>

 ホワイトハンズのケアサービスは、完全会員制・予約制のサービスです。
 ご利用の際には、
「入会手続き」「ご予約」が必要になります。

 なお、ホワイトハンズでは、入会申込みの前に、障害の程度や内容、
 性機能の状態に関する
「事前チェック」をお願いいたしております。

 「事前チェック」の内容によっては、サービスの提供をお断りすることがございますので、
 予めご了承ください。



それでも私は疑り深い&貧乏臭い性格なので、「まぁ、初回だけちゃっかり受けておいて、
『す、すいません、ちょっと今月はお金が・・・』という口実で、
その後の利用は断っちゃえばいいかな」と、軽く考えていました。

そうそう、ホワイトハンズさん、基本的にスタッフの年齢や容姿は選べないんですよね。
まぁ、キャバクラや性風俗店ではないし、通常のヘルパー事業所でも
スタッフの年齢や容姿は選べないところがほとんどなので、当たり前と言えば当たり前ですが。

私も若い頃は、どうせケアしてもらうなら妙齢の女性より若い女性のほうがいいなぁ、とは思っていたのですが、
この年になってようやく、容姿のよさと性格のよさは比例しない、ということが分かるようになったので、
それほどヘルパーさんの容姿だの年齢だのにこだわりはしなくなりました。

そういうことにこだわっているうちは、まだまだ「青い」ですね(笑)。
介護で大切なのは、ルックスではなくハートですから。

<事務局からのコメント>

 入会手続きが無事に完了したら、初回訪問日時の予約を行います。

 ホワイトハンズは完全予約制のケアサービスですので、利用希望日の1〜2週間前に、
 ご予約をして頂く形になります。当日予約は承っておりませんので、ご注意ください。



目次に戻る



3.ドキドキの初回訪問:「言語障害でうまく話せなくても、大丈夫です」

初回訪問日当日、自宅にてドキドキしながらスタッフさんを待っていました。
スタッフさんは30代後半の方、ということだったので、どんな方が来るのかな、
そして何を話せばいいのかな、と、いい年こいて思春期真っ盛りの少年のようにときめいておりました。

<事務局からのコメント>

 初回訪問の当日になりましたら、以下の準備を行います。

1.事前に入浴・清拭を済ませておく

 入浴介助を受けておられる場合は、その後にサービスを受けられるような
 時間割を組んでおくことをお勧めいたします。

2.必要な用具を準備しておく

 サービスの際に用いる用具(お湯の入った洗面器+タオル2枚)は、
 ご自宅にあるものを、事前に準備しておいてください。

3.水を500CC飲んでおく

 これは、膀胱に水分を貯めることによって、前立腺を刺激し、勃起力を向上させるためです。
 ちなみに、ビールなどのアルコール類や、カフェインの入ったお茶は、
 血管を収縮させて勃起力を弱めてしまう効果があるため、避けてください。



予定時刻になって、「こんにちは、ホワイトハンズです〜!」という声が玄関から聞こえて来ました。
鍵は空けておくので到着したら勝手に入ってください、と事前に伝えておいたため、
スタッフの方は迷うことなく、慣れた様子で丁寧に挨拶をしながら、部屋に入ってきました。

小ぎれいな格好をしたセミロングの女性で、ケア用品の入ったバックを小脇に抱えながら
「斉藤さん、はじめまして。私、ホワイトハンズの川本と申します。今日は短い時間ですが、
よろしくお願いいたしますね。」と、にこやかな笑顔で挨拶してくださいました。

お話を聴くと、普段は重度心身障害者の療護施設で働かれているとのこと。
そのため、重度の脳性まひ者に対するケアやコミュニケーションには、一通り慣れているそうです。
今日は、3歳になるお子さんを保育園に送った帰りなのだとか。

私は緊張すると、頭と右腕の不随意運動が、かなりくねくねと激しくなってしまうのですが、
それに関しても特に怯えたりすることなく、「あ、そんなに緊張されなくても大丈夫ですよ。
私、そんな偉い人間じゃないですので(笑)、お気楽になさってください」と、
雰囲気をなごませてくださいました。

前述の通り、私は重度の言語障害のために、初対面の方と満足にコミュニケーションをとることは
ほぼ不可能なのですが、川本さんはそのことをしっかり踏まえて、丁寧に対応してくださいました。
さすが施設職員経験者、といったところでしょうか。

脳性まひの人の中には、「いかにも施設職員」的な話し方や対応を嫌う人も大勢いますが、
私自身は施設への入所経験も施設に関するトラウマも無いので、特に気には障りませんでしたね。

次に、ケアの下準備ということで、お風呂場で洗面器にお湯を汲んできてもらいました。

お湯の出し方や湯沸かし器のスイッチの入れ方、タオルや洗面器の位置などは、
事前に私が指示内容をメールで事務局に知らせていたので、
川本さんがそのメールをプリントアウトしたものを片手に、てきぱきと動いてくださり、
特に問題なく準備を行うことができました。

<事務局からのコメント>

 当日は、ご自宅にある洗面器とタオル2枚、お湯をお借りさせて頂きます。

 重度の言語障害や聴覚障害等で、スタッフとの対面でのコミュニケーションが
 満足に取れないことが予想される場合、事前に洗面器やタオルの位置、給湯器の使い方や
 お湯の出し方を、予めメールもしくは文書で事務局に指示してくださいますよう、お願いいたします。

 また、専用リフトでの移乗を希望されている方で、充電式のリフトを使用されている場合は、
 当日のケア最中に充電が切れることの無いよう、あらかじめ充電をしておいてください。


目次に戻る



4.いよいよサービス初体験!:「・・・わずか1分で終わりました(笑)」

さて肝心のサービスですが、開始してわずか1分で、無事?終了してしまいました。

原則として、専用リフト以外の身体接触を伴う移乗行為はできない、とのことだったので、
車いすに乗った状態のままで、ズボンだけをおろしてケアをする形にしました。

私の車いすは電動リクライニングなので、乗ったままの状態でケアができましたが、
リクライニングが無い車椅子を使われている方や、腰痛のある方は、ちょっと難しいかもしれませんね。
場合によっては、介助者や家族・知人に、ベッドへの移乗の協力をしてもらうことが必要になるかもしれません。

また専用リフトがある家の場合でも、初回のケアの際はかなり時間がかかってしまうと思うので、
ちょっと面倒でも、事前にリフトの使い方を事務局にメールで指示しておいた方が、無難でしょうね。

<事務局からのコメント>

 ホワイトハンズでは、安全のため、身体接触を伴う移乗行為
(=スタッフが利用者を抱きかかえてベッドに移乗させる行為)を行っておりません。

 移動の際に手を貸す程度の簡単な移乗介助、及び専用リフトによる移乗介助であれば
 対応させていただきます。

 身体接触を伴う移乗行為が必要になる場合は、ご家族や介助者の方に協力して頂くか、
 予めベッドの上で待機していただく、という形になりますので、ご了承ください。



ズボンを下ろした後、川本さんが介護用手袋をはめて、私の陰部全体を、
お湯で絞ったタオルで丁寧に清拭してくださいました。

陰部洗浄の際には、きちんと男性器の包皮も剥いて、内部の垢も洗ってくださいましたし。
通常の介護事業所だと、担当のヘルパーによっては、陰部洗浄の際に、
「恥ずかしい」「できない」などの理由で、包皮を剥いて洗ってくれないこともあるんですよね。

ですが、恥ずかしいのはこっちも一緒ですし(笑)、そもそも男性の陰部の清潔を保つために
絶対に必要な介護行為なので、介護のプロとして、きちんとやっていただきたいものです。


陰部洗浄後、手のひらにローションをなじませて、ゆっくりとケアを開始。

かれこれ十数年、まともに自慰行為をしていなかったので、刺激に敏感になっていたのでしょうか。
川本さんの手が陰部に触れて、2〜3回上下に摩擦した瞬間、刺激に耐え切れず、すぐに発射&終了。


コンドームはしていなかったのですが、川本さんがうまくティッシュで処理してくださったので、
特に服やズボンが汚れるようなことはありませんでした。

まぁ、思ったより、というか、想定外に早かったですね。お、男としてのプライドが・・・(笑)。

ちなみに、脳性まひ者御用達の薬である「セルシン」を飲んでいる場合、性機能が鈍感になって、
ケアに時間がかかることもあるそうです。

<事務局からのコメント>

 ケアサービスを受けている間は、ゆっくりと体の力を抜いて、
 リラックスした状態で、スタッフの指示に従ってください。

 初回のサービスの場合、ほとんどの方は、緊張やストレスから、勃起するまで時間がかかります。
 しかし、そうした場合でも、焦る必要は全くありません。

 心の中で、「なかなか勃起しない!どうしよう〜」 と思えば思うほど、ストレスが溜まって、
 どんどん勃起は難しくなってしまいます。

 ここでの秘訣は、
勃起を「逆に我慢する」ことです。

 勃起を意図的に我慢する=「勃起してはいけない!勃起してはいけない!」と
 心の中で思うことによって、「勃起しなければ」という心理的なストレスから解放されて、
 逆にスムーズに勃起を実現することができます。


ケア自体があえなく1分で終わってしまったので、残り時間は川本さんとのおしゃべりで時間を潰しました。

これはスタッフの能力・経験による個人差もあると思うのですが、私のような重度の言語障害の人間とも
コミュニケーションがしっかり取れる方に来ていただけると、非常に嬉しいですね。
ケアそのものよりも、こうした会話の時間が楽しみで利用される方も、多いそうです。

ただ、おそらく川本さんレベルのスタッフはそうはいないと思うので、
重度の言語障害の人は、会話をスムーズに行うためのトーキングエイドや文字盤などを
予め準備しておくのがベターかもしれません。


和気あいあいと話しているうちに、あっという間に予定時間になりました。

「斉藤さん、今日はありがとうございました。次回はもっとゆっくり時間をかけてケアをさせて頂きますので、
楽しみにしていてくださいね。それでは、また来月お会いしましょう!」という
彼女のキラースマイル&営業トークにやられてしまい、
その場でうっかり?今後の定期利用の口約束をしてしまいました。

私もまだまだ、甘いですね・・・。

目次に戻る



5.サービス後の感想:「十数年ぶりに、朝勃ちがよみがえりました!」

翌日、朝起きてみると、妙に下半身が元気なんですよね。硬さも角度も、いつもの5割増しです。
十数年ぶりにスッキリしたので、これまで眠っていた精力が戻ってきたのでしょうか。

ああ、これが「性機能の健康管理」「性機能の低下予防」ということなんだな、と、
改めてホワイトハンズのサービス目的を実感しましたね。
精力が戻ってくると、毎日の暮らしにもツヤとハリがでますし。

そういう意味では、食事介助や排泄介助、入浴介助と同様に、
毎日の生活の中で当たり前に行われるべきケアなんだなぁ、と思いましたね。

私も赤貧洗うが如しの年金暮らしなので、あまり経済的に余裕は無いのですが、
毎月1回、30分2,800円のコースを定期的に利用することにしました。

毎月3,000円程度で、毎日の暮らしに活力が戻るのであれば、まぁまぁ妥当な「買い物」だと思うので。


まとめますと、ホワイトハンズは、ポルノや性風俗といった単なる性的な娯楽サービスではなくて、
健康管理&生活の質の向上を目的とした、ケアサービスなんですよね。

そういう意味では、純粋に「性欲を満たすための娯楽」が欲しい、という人は、
無理に利用する必要はないと思います。他のポルノやアダルトビデオ、性風俗のほうが、
はるかに娯楽としてのコストパフォーマンス&満足度は高いでしょうから。

また「恋愛」と「性」、「愛情」と「性」を分けて考えられない人も、ちょっと利用は難しいかな、と思います。
医療・介護の視点から、「性機能の健康管理」「性機能の低下予防」のために行うサービスである、
という考え方ができないと、ケアを受けることに精神的な抵抗感が残るでしょうし。

ホワイトハンズは、自分の性機能の健康管理の必要性を客観的に認識し、
かつ「恋愛」と「性」を切り離して考えることのできる「大人」のためのサービス、
「紳士」のためのサービス、と言えるかも知れませんね。

・・・まぁ、私自身、紳士たりえているかどうかは、かなり疑問なのですが(笑)。

拙文をここまでお読みくださり、ありがとうございました。

<事務局からのコメント>

 基本的に1回のケアサービスは、15〜30分程度で終了します。
 ケアサービス前後のスタッフとの会話時間を含めて、ゆっくりとサービスを受けたい、という方は、
 45分以上のコースをお選びください。

 「性機能の廃用症候群予防」及び「性機能の健康管理」という目的を確実に達成するために、
 毎月1〜2回程度の利用をお勧めいたします。

 長期間利用していくうちに、スタッフとのコミュニケーションもスムーズに取れるようになるので、
 ケアサービスをより効果的に受けることができるようになると思います。

 ホワイトハンズのケアサービスが、あなたの「性機能の廃用症候群予防」を実現し、それによって、
 生涯にわたって「性に関する尊厳と自立」を守るためのお役に立てれば、光栄です。


 ⇒その他の利用者の声は、利用者の感想をご覧ください。



 HOME | お問い合わせ | 会員募集 | 求人情報 | メールマガジン | Facebook | Twitter | サイトマップ | English


 Copyright 2008-2018 (C) 一般社団法人ホワイトハンズ  All right reserved.